保育士のお仕事の内容について

保育士の仕事とは

保育士不足が懸念されている中で、問題になっているのが保育士の過酷な労働環境です。保育士不足を改善し、待機児童問題を解消するために国も保育士の労働環境の見直しなどを進めているのですが、保育士の仕事内容はどのようなものなのでしょうか。

保育士の仕事内容を知る前に保育士と幼稚園教諭の違いについて説明しましょう。子どものお世話をするという意味では一見似ているように感じるのですが、保育士は厚生労働省の管轄です。保育所や児童養護施設などの児童福祉施設で保護者に代わって子どもを保育する子育ての専門家が保育士であり、児童福祉法に基いて保育を行っています。これに対して幼稚園教諭は文部科学省の管轄となります。児童福祉施設である保育所に対して、幼稚園は幼児を保育するだけではなく健やかな成長のために環境を整え、発達をサポートすることを目的としている学校となります。保育所に通う子どもの対象年齢が0歳から就学前となっているのに対して、幼稚園の場合は3歳から就学前となります。

保育士が活躍することができる場所は保育所や認定こども園などの保育施設の他に、乳児院や児童養護施設、療育施設や訪問型保育、商業施設やテーマパーク、助産施設の産婦人科などもあり、資格を取得することで保育士として働くことができる場所は多岐に渡ります。当サイトではそんな保育士の仕事内容を一般的な保育所をモデルに紹介します。これから保育士を目指すという人、すでに保育士の資格を取得しているが保育士として働いたことがないという人は是非参考にしてみてください。