仕事内容

保育士の仕事内容はとても複雑です。0歳から就学前までの子どものお世話をする中で、食べる、眠る、着替える、排泄をするなど基本的な生活習慣を親に代わって身に付けさせることから始まり、この他にも子どもが一人では行うことができない身の回りのお世話などを行います。また保育所という場所で、子どもに集団生活を経験させ社会性を身に着けさせるというのも保育士の役割です。集団生活の中では遊びなどを通して心身の健やかな発達をサポートする意味もあります。

子どもと一日中触れ合っている保育士ですが、子どもだけではなくその保護者とのコミュニケーションも大切な仕事の一つです。子どもの一日の様子を保護者に報告するだけではなく、子育てに関するアドバイスやサポートなども行っています。また地域との連携も必要になりますし、さらに子どもが帰った後は、行事の計画や準備、施設内の清掃や安全点検なども必要な仕事です。

子どもの成長に関わることができる仕事としてとても魅力のある仕事ですが、実際に就職してみると子どもを関わるだけではなく、他にも多くの仕事を覚えてこなさなければならなかったと感じている保育士も存在します。体力的にも精神的にも辛さを感じる時もあると言えるのが保育士という仕事ですが、実際に保育士として働いている人の多くは子どもの成長を何よりのやりがいとして感じ仕事をしています。