保育園の一日

基本的な生活習慣を身に着けさせる、身の回りのお世話をする、保護者への報告やアドバイスをするなど保育士の仕事内容は多岐に渡りますが、ここで保育園の一日のスケジュールを見てみましょう。

まずは出勤です。子どもたちが登園をする前に出勤し掃除や換気、設備のチェックなどを行います。子どもたちの登園時間になるとお迎えを行い、保護者が一緒に登園をしてくる場合は子どもの様子などをチェックします。その後は保育所ごとのプログラムに沿って一日を過ごすことになるのですが、朝の会や体操、自由遊びや昼食、お昼寝、おやつなどを経て降園時間になります。保護者がお迎えに来ると一日の様子などを伝えるようにします。基本的な降園時間が過ぎても子どもが残っている場合は延長保育となり、クラスや年齢に関係なく延長保育の子どもを集めて遊ぶなどして保護者のお迎えまでの時間を過ごします。全ての子どもが帰宅すると片付け、戸締まり、火の元のチェックなどを行い、勤務が終了になります。場合によっては行事の準備などで残業になることがあったり、仕事を持ち帰ることもあります。

保育士という仕事は一日のほとんどを子どもを触れ合っていることから体力勝負という場面も多くあり、子どもが相手であることから時間通り、マニュアル通りとはいかないことも多くありますが、子どもの成長を保護者よりも先に感じることができる特権のある職業と言えるのではないでしょうか。